お問い合わせ 0565-35-2088

豊田市東梅坪町8丁目8-17

ブログ BLOG

泌尿器科

日本泌尿器科学会専門医による診療を行います

泌尿器科は、尿管や尿道膀胱、前立腺など尿の生産から排尿にいたるまでの症状を中心に診療いたします。
泌尿器に関する病気は、初期の段階では自覚症状がないことがほとんどです。
中々相談しづらいと思いますが、何か違和感や気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

こんな場合はご相談ください

  • 尿が出にくい
  • 血尿が出た
  • 夜中にトイレで何度も起きる
  • トイレが近い
  • 尿漏れが多い
  • 排尿時に違和感がある・痛みがある
  • 尿がにごっている
  • 残尿感がある
  • 尿から膿が出た

など

男性に多い疾患

  • 前立腺肥大
  • 前立腺がん
  • 尿道炎

女性に多い疾患

  • 過活動膀胱
  • 尿失禁
  • 膀胱炎

お子さんに多い疾患

  • 包茎
  • 包皮炎
  • 夜尿症

主な疾患

前立腺肥大

歳をとるにつれて、前立腺が次第に大きくなり、尿道を圧迫して尿が出にくくなるという症状を前立腺肥大といいます。悪化すると、肥大が進み、膀胱に残る尿の量が増えて感染症や腎不全などの病気を引き起こすことがあります。

過活動膀胱

膀胱が過敏になり、尿が貯まっていないうちにトイレに行きたくなる状態のことを過活動膀胱といいます。原因は、加齢やストレスなどが考えられます。頻繁にトイレに行く方や、トイレに行っても量があまり出ない方は注意が必要です。

血尿

血尿は、眼に見える肉眼的血尿と、健診などでしか分からない顕微鏡的血尿があります。原因は、膀胱炎や感染症、結石などが考えられます。当院では、負担の少ない内視鏡で検査を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

前立腺がん

生活習慣の変化や高齢化により日本では前立腺がんに罹患される方が増えており、男性のがん罹患数1位です。進行に伴い骨への転移を来たすなど強い疼痛を生じることもあり、専門医による治療が必要です。

検査方法

負担の少ない膀胱鏡検査を行っています

膀胱内視鏡検査では、膀胱内部や尿道を直接観察するため、腫瘍や病変を早期発見することができます。
従来の検査だと長さが30cm程ある金属の棒を尿道から挿入するので強い痛みがありましたが、当院では、患者さんの負担が少ない細いファイバー軟性膀胱鏡を導入しているためより痛みが少ない検査ができます。